海外FXのレバレッジ比較ランキング!おすすめ業者【2024年7月最新】

海外FXのレバレッジ比較ランキング!おすすめ業者 ランキング

海外FXには様々なメリットがあります。

最も大きなメリットは高いレバレッジです。

国内FXの最大レバレッジは25倍ですが、海外FXの中には数千倍のレバレッジの利用が出来る業者もあります。

日本の金融庁のレバレッジ制限を適用されない海外FX業者では、最大1,000倍・2,000倍・3,000倍、さらには無制限のレバレッジでの取引が可能です。

例えば、レバレッジ1,000倍の場合、10万円の資金があれば1億円の取引が出来ます。少ない投資資金で大きな利益を出せます。せっかく海外FXを使うのであれば大きな利益を狙いたいと思う方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、海外FXのレバレッジについてみてみましょう。

  1. そもそもレバレッジとは?
  2. 海外FXのレバレッジ比較
  3. 海外FXのレバレッジ別おすすめ業者
    1. 最大レバレッジ6000倍~無制限
    2. 最大レバレッジ3000倍
    3. 最大レバレッジ2222倍~2000倍
    4. 最大レバレッジ1111倍~1000倍
  4. 初心者~上級者におすすめな海外FX業者【レバレッジ比較】
    1. 初心者におすすめな海外FX業者
    2. 中級者・上級者におすすめな海外FX業者
  5. 海外FXのハイレバレッジのメリット
    1. 少ない資金で大きな取引が出来る
    2. レバレッジ倍率の選択が出来る
    3. ロスカット水準が国内FXよりも低い
  6. 海外FXのハイレバレッジのデメリット
    1. あっという間にロスカットの可能性がある
    2. 熱くなって取引をすると資金がすぐに底をつく可能性がある
  7. 海外FXのハイレバレッジ取引の注意点
    1. 資金管理を徹底的に行う
    2. ポジションを持ち越さない
    3. 冷静に取引をする
  8. 海外FXのレバレッジ規制・制限について
    1. 口座タイプによるレバレッジ制限・規制
    2. 証拠金残高によるレバレッジ制限・規制
    3. 経済指標・経済ニュース発表時のレバレッジ制限・規制
    4. 通貨ペアごとのレバレッジ制限・規制
    5. 取引プラットフォームごとのレバレッジ制限・規制
  9. 海外FX業者を選ぶ時の注意点
    1. 安全性・信頼性が高い海外FX業者を選ぶ
    2. ロスカット水準が低い海外FX業者を選ぶ
    3. レバレッジ制限が緩い海外FX業者を選ぶ
    4. ロット制限・ポジション制限が緩い海外FX業者を選ぶ
    5. 口座開設ボーナス・入金ボーナスがもらえる海外FX業者を選ぶ
  10. 海外FXのレバレッジに関するよくある質問
    1. 海外FXではレバレッジ何倍で取引出来ますか?
    2. 「レバレッジ」と「最大レバレッジ」の違いは何ですか?
    3. 必要証拠金の計算方法をは?
    4. 証拠金維持率・有効証拠金・必要証拠金・余剰証拠金の違いと、計算方法は?
    5. 海外FXのレバレッジ取引で借金のリスクはありますか?
    6. 海外FXのハイレバレッジ取引を無料体験することは出来ますか?
  11. 海外FXのレバレッジ比較【まとめ】
    1. 関連

そもそもレバレッジとは?

海外FXのレバレッジとは?

レバレッジとは「てこの原理」を意味し、小さな力で大きなものを動かすことが出来る仕組みのことです

FXでは証拠金として預けた資金の何倍もの金額の外国為替取引が出来ることを「てこの原理」になぞらえて「レバレッジ効果」と呼んでいます。

海外FXのレバレッジ比較

海外FXのレバレッジ比較

海外FX業者をレバレッジが高い順番に並べた表が下記です。

最もレバレッジが高い海外FX業者は無制限、最もレバレッジが低い海外FX業者でも200倍です。

日本国内のFX業者は最大レバレッジが25倍なので、海外FX業者はケタ違いのレバレッジでトレード出来ます。

最大レバレッジ業者名
無制限Exness
Axim Trade
6666倍(口座数量限定)IS6FX
3000倍Traders Trust
FBS
2222倍BigBoss
2000倍HFM
easyMarkets
LAND-FX
FXTRADING
1111倍FXFair
1000倍XMTrading
FXGT
IronFX
MiltonMarkets
Vantage
GeneTrade
FocusMarkets
500倍TitanFX
Tradeview
ThreeTrader
MYFXMarkets
400倍AXIORY
iFOREX
IFCMarkets
200倍FXPro

海外FXのレバレッジ別おすすめ業者

海外FXのレバレッジ別おすすめ業者

下記の表はレバレッジ別、海外FX業者です。

最大レバレッジ6000倍~無制限

業者         口座タイプ       最大レバレッジ    
Exnessスタンダード口座無制限
Axim TradeINFINITE口座無制限
IS6FXレバレッジ
6666倍口座
6666倍

最大レバレッジ3000倍

業者         口座タイプ       最大レバレッジ    
Axim Tradeスタンダード口座3000倍
FBS1種類のみ3000倍
Traders Trustクラシック口座3000倍

最大レバレッジ2222倍~2000倍

業者         口座タイプ       最大レバレッジ    
BigBossデラックス口座2222倍
HFMプレミアム口座2000倍
easyMarketsMT5口座2000倍
LAND-FXPro口座2000倍
FXTRADINGPro口座2000倍

最大レバレッジ1111倍~1000倍

業者         口座タイプ       最大レバレッジ    
FXFairスタンダード口座1111倍
XMTradingスタンダード口座1000倍
FXGTスタンダード+口座1000倍
IronFXスタンダード口座1000倍
MiltonMarketsスマート口座1000倍
Vantageスタンダード口座1000倍
GeneTradeスタンダード口座1000倍
FocusMarketsスタンダード口座1000倍

初心者~上級者におすすめな海外FX業者【レバレッジ比較】

海外FXの初心者~上級者におすすめな海外FX業者【レバレッジ比較】

次に当サイトでおすすめの海外FX業者を見ていきましょう。

初心者におすすめな海外FX業者

初心者におすすめのハイレバレッジの海外FX業者の紹介です。

業者名            最大レバレッジ       
HFM2000倍
XMTrading1000倍
FXGT1000倍
初心者におすすめの海外FX業者

XMTrading・Vantage・FXGTの3社は運営歴が長く、信頼性、安全性ともに高いブローカーです。さらにどの海外FX業者も口座開設ボーナスを提供しているため、入金不要でトレードを始めることが可能です。

中級者・上級者におすすめな海外FX業者

次に中級者・上級者におすすめの海外FX業者です。

業者名            最大レバレッジ       
Exness無制限
ThreeTrader500倍
AXIORY400倍
中級者・上級者におすすめの海外FX業者

すでに国内FX業者でのトレード歴が長い方や、海外FXを使ったことがある方におすすめの海外FX業者は上記の3つです。

トレードの中・上級者は、レバレッジの高さ以上に取引コストを気にされる方も多いでしょう。実際にExness・ThreeTrader・AXIORYの3社は、海外FX業者の中でも圧倒的にスプレッドなど取引コストが安いです。

海外FXのハイレバレッジのメリット

海外FXのハイレバレッジのメリット

海外FXのレバレッジメリットは多くありますが、主なメリットは以下の3つです。

  • 少ない資金で大きな取引が出来る
  • レバレッジ倍率の選択が出来る
  • ロスカット水準が国内FXよりも低い

少ない資金で大きな取引が出来る

ハイレバレッジで取引するメリットは「必要証拠金が少なくて済むので大きなロット数の注文がしやすい」ということです。

例えば、レバレッジ1000倍と25倍とでは、ポジションを持つ際の必要証拠金も40倍違います。

例・1ドル150円の場合、USD/JPY 0.01ロットの新規注文に必要な証拠金

  • レバレッジ1000倍:0.01×10万通貨×150円÷1000倍=150円
  • レバレッジ25倍:0.01×10万通貨×150円÷25倍=6000円

※必要証拠金=ロット数×ロット単位×市場価格÷口座レバレッジ

レバレッジ倍率の選択が出来る

海外FX業者の中には、レバレッジ倍率の選択が出来る業者があります。

例えば、海外FX業者で最も人気のあるXMTradingの場合、以下のレバレッジ倍率から選択が可能です。

1:1000  最大レバレッジ1000倍  
1:500最大レバレッジ500倍
1:400最大レバレッジ400倍
1:300最大レバレッジ300倍
1:200最大レバレッジ200倍
1:100最大レバレッジ100倍
1:66最大レバレッジ66倍
1:50最大レバレッジ50倍
1:25最大レバレッジ25倍
1:20最大レバレッジ20倍
1:15最大レバレッジ15倍
1:10最大レバレッジ10倍
1:5最大レバレッジ5倍
1:3最大レバレッジ3倍
1:2最大レバレッジ2倍
1:1最大レバレッジ1倍

このように、様々なレバレッジから選択出来るのは大きなメリットになるでしょう。

ロスカット水準が国内FXよりも低い

国内FXのロスカット水準は大体証拠金の50%から100%程度の業者が多いです。

一方で海外FX業者の場合、証拠金の0%から30%程度の業者が多いので、ギリギリまで取引が出来ます。

レバレッジが高くて資金効率の高い取引がギリギリまで出来るのは大きなメリットになるでしょう。

海外FXのハイレバレッジのデメリット

海外FXのハイレバレッジのデメリット

海外FXのレバレッジには様々なメリットもありますが、デメリットもあります。主な出来事は以下の2つです。

  • あっという間にロスカットの可能性がある
  • 熱くなって取引をすると資金がすぐに底をつく可能性がある

あっという間にロスカットの可能性がある

あまりにも高いレバレッジを使ってしまうと、あっという間にロスカットになる可能性があります。

資金効率が高い取引が出来るのはメリットですが、証拠金が少なすぎるとあっという間にロスカットになるので注意が必要です。

熱くなって取引をすると資金がすぐに底をつく可能性がある

熱くなって取引をすると資金がすぐに底をつく可能性があります。

何故なら、大きな利益を短期間で得られる可能性がある一方で、大きな損失を短期間で負う可能性があるからです。

海外FXの高いレバレッジを利用する場合は、冷静に取引を行うようにしましょう。

海外FXのハイレバレッジ取引の注意点

海外FXのハイレバレッジ取引の注意点

海外FXのレバレッジを利用する際の主な注意点は以下の3つです。

  • 資金管理を徹底的に行う
  • ポジションを持ち越さない
  • 冷静に取引をする

資金管理を徹底的に行う

資金管理は徹底的に行うようにしましょう。

海外FXのレバレッジは非常に高いので、あっという間にロスカットに引っかかってしまう可能性があります。

極力余裕を持ったポジションでトレードをするのがよいでしょう。資金管理を怠るとあっという間に資金はなくなってしまうので注意が必要です。

ポジションを持ち越さない

海外FXの高いレバレッジを利用するのであれば、ポジションを持ち越さないようにしましょう。

ポジションを翌日に持ち越してしまうと、早朝などポジションが薄い時間帯に大きな値動きをして莫大な損失を被ってしまう可能性があるからです。

冷静に取引をする

海外FXの高いレバレッジを使うのであれば、絶対に冷静に取引をするようにしましょう。

負けが続いていると損失を取り戻そうと冷静に判断出来なくなります。そうするとさらに大きなマイナスになるケースも多くなりますので注意が必要です。

海外FXのレバレッジ規制・制限について

海外FXのレバレッジ規制・制限について

海外FXのハイレバレッジにはいくつかの制限や規制があるのが一般的です。主な制限や規制は5つあります。

口座タイプによるレバレッジ制限・規制

多くの海外FX業者では、口座タイプによるレバレッジ制限があるケースがあります。

例えば、XMTradingの場合、最大レバレッジは1000倍ですが、ゼロ口座の場合の最大レバレッジは500倍です。XMTradingの口座別最大レバレッジをまとめました。

口座タイプ最大レバレッジ  
スタンダード口座    1000倍
マイクロ口座1000倍
ゼロ口座500倍
KIWAMI極口座1000倍
XMTradingの口座別の最大レバレッジ

このように口座によってレバレッジ倍率が異なる場合がありますので注意が必要です。

証拠金残高によるレバレッジ制限・規制

証拠金残高によるレバレッジ制限は、海外FXで最もメジャーなレバレッジ制限です。

例えば、「FBS」は最大3000倍の超ハイレバレッジで有名ですが、実際にレバレッジ3000倍で取引出来るのは証拠金残高200ドル(約2万円)までと非常に厳しいレバレッジ制限があります。

一方で、「AXIORY」などはレバレッジ制限が緩やかで、口座残高が増えても高いレバレッジで取引出来ます。

以下はレバレッジ制限が緩い海外FX業者の比較

海外FX業者      レバレッジ制限             
AXIORY50万円まで:1000倍
1500万円まで:400倍
2900万円まで:300倍
Tradeview1000万円まで:500倍
1000万円以上:100倍
TitanFX口座残高によるレバレッジ制限なし

経済指標・経済ニュース発表時のレバレッジ制限・規制

経済指標発表時や突発的なイベントの発生時もレバレッジ制限がかかる可能性があります。

特に以下の経済指標の発表時はレバレッジ制限に注意が必要です。

レバレッジ制限に注意すべき経済指標

  • 政策金利発表
  • 米国雇用統計(NFP)
  • 消費者動向調査
  • 貿易収支
  • 景況感調査
  • 国内総生産(GDP)

また以下のような突発的イベントが発生した時も同様に注意が必要です。

レバレッジ制限が発生しやすいイベント

  • 戦争・紛争の勃発
  • 大規模な自然災害
  • 米大統領選挙
  • その他の注目度の高い政治・経済イベント

特に雇用統計などの大きな為替変動が見込まれる場合は、事前に海外FX業者からレバレッジ制限・規制の予告が出される場合もありますので、公式ホームページやメールニュースを確認しましょう。

通貨ペアごとのレバレッジ制限・規制

通貨ペアによって最大レバレッジを変えてる業者も多くあります。例えばXMTradingでは以下のような規制を設けています。

最大レバレッジ  通貨ペア
50倍EUR/DKK・EUR/HKD・GBP/DKK   
USD/DKK・USD/HKD・USD/CNH
EUR/RUB・USD/RUB
100倍USD/TRY・EUR/TRY
400倍AUD/CHF・CAD/CHF・CHF/JPY
CHF/SGD・EUR/CHF・GBP/CHF
NZD/CHF・USD/CHF

一般的に、マイナー通貨ペアはレバレッジ制限がかかるケースが多いので、利用する際には注意が必要です。

取引プラットフォームごとのレバレッジ制限・規制

数は決して多くありませんが、取引プラットフォームごとにレバレッジ制限がかかる場合もあります。利用するプラットフォームの最大レバレッジについてもしっかり確認しましょう。

海外FX業者を選ぶ時の注意点

海外FX業者を選ぶ時の注意点

海外FX業者を選ぶ時の注意点を解説します。

  1. 安全性・信頼性が高い海外FX業者を選ぶ
  2. ロスカット水準が低い海外FX業者を選ぶ
  3. レバレッジ制限が緩い海外FX業者を選ぶ
  4. ロット制限・ポジション制限が緩い海外FX業者を選ぶ
  5. 口座開設ボーナス・入金ボーナスがもらえる海外FX業者を選ぶ

それぞれを解説していきましょう。

安全性・信頼性が高い海外FX業者を選ぶ

海外FX業者を選ぶ際、レバレッジが高い業者を優先して選ぶトレーダーが多いです。もちろん高いレバレッジは大きなメリットになりますが、何よりも安全性や信頼性が高い海外FX業者を選ぶようにしましょう。

具体的には、信託保全や分別管理が採用されている業者を選ぶのが良いでしょう。また、金融ライセンスを取得しているかどうかも大きなポイントです。

ロスカット水準が低い海外FX業者を選ぶ

最大レバレッジにこだわるのであれば、ロスカット水準が低い海外FX業者を選ぶようにしましょう。

何故なら、ロスカット水準が高い業者で高いレバレッジを使ってしまうと、あっという間にロスカットになる可能性があるからです。

国内FX業者の場合、ロスカット水準は証拠金の100%から50%程度の業者が多いのですが、海外FX業者の場合、20%から0%の業者もたくさんあります。

極力ロスカット水準が低い業者を選ぶようにしましょう。

レバレッジ制限が緩い海外FX業者を選ぶ

海外FX業者の最大レバレッジは、国内FX業者の最大レバレッジに比べてかなり高いでうが、レバレッジ制限がきつい業者もあります。

レバレッジ制限とは、証拠金の額などによって利用できるレバレッジが変わることです。

いくら見た目以上の最大レバレッジが高くても、実際に利用出来るレバレッジが低ければ意味がないのでしっかりと確認しましょう。

ロット制限・ポジション制限が緩い海外FX業者を選ぶ

上記のレバレッジ制限に似ていますが、ロット制限やポジション制限が緩い海外FX業者を選ぶようにしましょう。

利用するレバレッジによってロットポジション制限がある海外FX業者は意外と多いので注意が必要です。

口座開設ボーナス・入金ボーナスがもらえる海外FX業者を選ぶ

最大レバレッジが高い業者を利用するのであれば、口座開設ボーナスや入金ボーナスが豪華な業者を選ぶのが良いでしょう。

何故なら、せっかくの高いレバレッジを使うのであれば、ある程度証拠金があった方が有利に進められるからです。

あまりにも証拠金が少ないとすぐにロスカットに引っかかってしまう可能性があります。

また、たくさん証拠金があれば、その分大きな利益を狙うことが出来ます。口座開設ボーナスや入金ボーナスはリスクなしで受取れるものになりますので、是非有効活用するようにしましょう。

海外FXのレバレッジに関するよくある質問

海外FXのレバレッジに関するよくある質問

海外FXのレバレッジに関するよくある質問と回答をまとめました。

  1. 海外FXではレバレッジ何倍で取引出来ますか?
  2. 「レバレッジ」と「最大レバレッジ」の違いは何ですか?
  3. 必要証拠金の計算方法をは?
  4. 証拠金維持率・有効証拠金・必要証拠金・余剰証拠金の違いと、計算方法は?
  5. 海外FXのレバレッジ取引で借金のリスクはありますか?
  6. 海外FXのハイレバレッジ取引を無料体験することは出来ますか?

では、順に説明していきましょう。

海外FXではレバレッジ何倍で取引出来ますか?

海外FX業者のレバレッジは、一般的に400倍から1000倍です。ただし、中には2000倍や3000倍、無制限で取引出来る海外FX業者もあります。

また、口座タイプや取引ツールによって最大レバレッジが異なる場合があります。

「レバレッジ」と「最大レバレッジ」の違いは何ですか?

レバレッジは取引口座ごとにトレーダーが任意で設定出来る業者が多く、そのレバレッジのことを「口座レバレッジ」、その設定上限を「最大レバレッジ」と言います。

「口座レバレッジ」が適用される銘柄は、メジャーな通貨ペアやゴールドを含む一部の貴金属が多く、マイナーペアやその他のCFD銘柄には個別に設定された固定レバレッジが適用されます。

必要証拠金の計算方法をは?

必要証拠金は以下の計算式で算出します。

※必要証拠金=ロット数×ロット単位×市場価格÷口座レバレッジ

専用の必要証拠金計算ツールを用意している業者もあります。

証拠金維持率・有効証拠金・必要証拠金・余剰証拠金の違いと、計算方法は?

証拠金維持率とは、有効証拠金と必要証拠金の比率です。取引状況を考慮したトレーダーの資金力(有効証拠金)と、取引するためにFX業者に差し出している担保(必要証拠金)の比率を表します。

有効証拠金とは、口座残高にボーナスと未実現損益(含み益+含み損+スワップポイント)を加えた金額です。入出金や取引の損益によって、リアルタイムで変動する金額を表します。

必要証拠金とは、取引数量を口座レバレッジで割った金額です。レバレッジが高いほど、少ない資金で大きな取引を可能にします。

余剰証拠金とは、有効証拠金から取引に使用している必要証拠金を引いた金額で、新規注文可能な金額を表します。

※証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

※有効証拠金=口座残高+ボーナス★+未実現損益

  ★ボーナスはクッション機能付きのボーナスに限ります。

※必要証拠金=ロット数×ロット単位×市場価格÷口座レバレッジ

※余剰証拠金=有効証拠金-必要証拠金

海外FXのレバレッジ取引で借金のリスクはありますか?

全ての海外FX業者は、ゼロカットシステムを採用しているため入金額以上の損失が発生することはありません。

そのため、レバレッジ取引で追証(追加証拠金)の支払いを求められることはなく、借金のリスクは無いと言えます。

海外FXのハイレバレッジ取引を無料体験することは出来ますか?

海外FXのレバレッジはデモ口座を利用する、もしくは口座開設ボーナスを利用することで無料体験することが可能です。

海外FXのレバレッジ比較【まとめ】

海外FXのレバレッジ比較【まとめ】

この記事では、海外FXの最大の魅力であるハイレバレッジについて紹介しました。ExnessやAximTradeなどレバレッジを無制限に利用出来る海外FX業者もあります。

レバレッジが高ければ高いほど、少ない投資資金で大きな利益が狙えますので、しっかりと確認しましょう。

ただし、いくら見た目の最大レバレッジが高くても、レバレッジ制限がきついとあまり意味はありません。最大レバレッジとともに制限にもしっかりと確認しましょう。

海外FXでの取引における大きなメリットである、レバレッジについていろんな角度から検証してみました。

今後の海外FXでの取引の参考にしてみてください。

当サイトでおすすめする海外FX業者の比較ランキングは以下を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました